MEMU

SYZ型

SYZ型
  • 有機系産業排水対応
  • 好気酸化方式

小規模な食品製造工場等の有機系排水処理に最適

SYZ型は、排水量の少ない食品関連工場などの有機系排水を処理する産業排水処理装置です。
好気酸化槽を2つに分けて直列に配し、前段の第一室は高負荷条件で好気酸化処理を行い、後段の第二室では、前段で処理しきれなかった有機物の処理とSS分の減量を行います。生物膜の特徴を有効に使うことで、高負荷で良好な処理水を得ることができます。

主な適用・用途

食品製造工場排水などの有機成分を主とする排水全般

  • 最大処理水量:1.9m³/日(SYZ1型)~6.6m³/日(SYZ4型)
  • 流入水質:BOD600mg/L~2,000mg/L

※流入水質のBOD値によって、処理水量は変わります。

製品詳細
特長

1.安定した処理水質を確保

沈殿分離後に汚水が送られる好気酸化槽第一室では、担体がばっ気によって流動しており、その担体に付着した微生物が、有機物の大半を処理します。後段の好気酸化槽第二室では、負荷が低くなることから、余裕のある処理が行われるため、安定した処理水質を確保できます。

2.二槽式の好気酸化により、汚泥の発生量が抑えられます

好気酸化槽第一室で発生した汚泥を好気酸化槽第二室内のツリガネムシなどの原生動物が捕食することで、汚泥を減量します。

ツリガネムシ


3.汚泥管理が不要なので、維持管理が容易

膜活性汚泥法などでは、汚泥濃度の調整などの煩雑な管理が必要不可欠ですが、SYZ型が採用している好気酸化法では汚泥管理が不要なので、維持管理が容易です。

フローシート