MEMU

排水処理事業について

 

 

さまざまな「水」の課題に
地球規模で挑戦しています

排水処理事業は、「環境を守る。未来を変える。」を使命とするダイキアクシスの中核事業です。汚れた水をきれいな水にして海や川へ還すことで、水質保全と身近な生活環境の改善に努めてきました。今、こうした水処理インフラの需要は世界各地で高まっています。ダイキアクシスは、水処理事業で培ってきた開発力・技術力をもとに、地球規模での「水と環境」の課題に向き合い、持続可能な社会の実現に貢献しています。

なお、地下水を飲料化する上水事業も行っており、総合水処理メーカーとして上水・中水・下水のトータルプランニングも行っています。上水事業の詳細はこちらをご覧ください。

 

事業の強み

01. 総合水処理メーカー

ダイキアクシスは、浄化槽の製造・販売からプラントの設計・施工・メンテナンスまで、幅広く手掛ける総合水処理メーカーです。自社製品を持つ「開発型企業」としての強みを生かし、さまざまな水の課題に独自の技術でチャレンジしています。有機性排水から無機性排水まで最適な水処理システムを提供し、生活排水はもとより、食品工場、医療、化学薬品、畜産など、産業排水や地域集落排水の分野でも実績を重ねています。

 

02. “循環型”のトータルサービス体制

ダイキアクシスの水処理事業は、企画、開発から設計、製造、販売、施工、維持管理まで全域をカバーしています。全て自社で完結できるため、分業体制に比べて自由度が高く、お客さまの要望に細やかに対応できます。また、メンテナンスで得た情報を各部門にフィードバックする“循環型”のサービス体制により、施設の機能や顧客ニーズを正確に把握し、高品質なサービス提供と研究開発につなげています。

全国24時間体制の施設管理

循環型のサービス体制の中でも、施設の維持管理を行うメンテナンス業務は、施設が正しく機能するためにも、お客さまの要望を製品開発にフィードバックするためにも、要となる業務です。ダイキアクシスでは独立した事業部を設けて、専門のスタッフが保守点検を行い、遠隔監視システムなどにより24時間365日体制で施設を管理しています。

 

03. 水処理のパイオニア

業界に先駆けてFRP 製浄化槽を開発して以来、水処理のパイオニアとして、常に業界をリードするものづくりに挑戦してきました。開発部門では、高機能、低コスト、省スペースの製品を開発し、油分排水処理では特許も取得しています。製造部門では、業界初の浄化槽のJIS 認定工場である松山工場をはじめ、国内4工場がISO9001を取得しています。国際規格に基づく品質管理は海外展開においても強みとなっています。

 

04. “JOHKASOU”を世界に

衛生環境が未整備の国では、政府が国を挙げて排水の規制強化に取り組む動きが活発化しています。ダイキアクシスでは、インド、インドネシアに浄化槽の生産工場を持ち、ベトナム、ミャンマー、スリランカをはじめとするアジア諸国、アフリカのケニアにおいては現地企業と販売代理店契約を結び、浄化槽の普及に努めています。今後もコア事業である排水処理事業を通じて、世界の水インフラの整備に貢献していきます。